鶴橋町

鶴橋町(つるはしちょう)は、かつて大阪府にあった町。現在の大阪市東成区、生野区の各一部にあたる。町制施行前の鶴橋村時代には、現在の天王寺区の一部も村域に含んでいた時期がある。歴史名称は鶴が多く飛来したと言われる平野川旧河道に架かっていた橋名に由来する。なお、この橋は『日本書紀』仁徳天皇14年条に記されている猪甘津の小橋とする説もある。沿革 1883年(明治16年) 東成郡木野村より分村して東小橋村が成立。 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、東成郡小橋村、東小橋村、木野村、猪飼野村、岡村が合併して東成郡鶴橋村が発足。大字木野に村役場を設置。 1897年(明治30年)4月1日 大阪市第一次市域拡張により、大字小橋の全域および東小橋と木野の各一部(城東線以西)が東区へ編入される。また、東成郡天王寺村大字天王寺の一部(城東線以東の飛地になった箇所)を編入し、東小橋、木野、猪飼野、岡、天王寺の5大字となる。 1912年(大正元年)10月1日 町制施行。東成郡鶴橋町となる。 1925年(大正14年)4月1日 大阪市第二次市域拡張により、全域が新設の東成区へ編入され、東小橋町、鶴橋木野町、猪飼野町、岡之町、鶴橋天王寺町となる。参考文献 『角川日本地名大辞典 27(大阪府)』(角川書店、1983年) ISBN 978-4-04-001270-4関連項目鶴橋駅


鶴橋町

Osaka , Osaka
Japan
Contact Phone
P: ---
Website
-

Company Rating

7 Facebook users were in 鶴橋町. It's a 11 position in Popularity Rating for companies in Landmark category in Osaka Prefecture, Japan