チューリップルーム

at 宮前区宮前平2-9-23ヒカリコーポAB, Kawasaki-shi, 2160006 Japan

幼稚園


チューリップルーム
宮前区宮前平2-9-23ヒカリコーポAB
Kawasaki-shi , Kanagawa 2160006
Japan
Contact Phone
P: 044-865-6766
Website

Description

2~6歳までの子ども達を保育しています。生活と遊び、異年齢保育、少人数、よく歩く、が特徴です。 頭で覚える知識より先に、心が育つ体験を大切にしています。 自分で決めること、自分で選ぶこと、自分で考えて行動することの場数を踏むこと。 そして、子育ては大人を成長させてくれます。 講座やワークを取り入れ、みんなで学び助け合い、お母さんが自分らしく子育てができるお手伝いをしています。

Company Rating

424 FB users likes チューリップルーム, set it to 7 position in Likes Rating for Kawasaki-shi, Kanagawa, Japan in Education category

☆心の成長は目に見えない チューリップルームでは毎月 大きくなったかな? と、身体計測をします。 数字で大きくなったのがわかります。 片言しか言えなかったのが おしゃべりができるようになります。 じゃんけんができなかったのが できるようになります。 お着替えができるようになり ブランコがこげるようになり どろ団子が作れるようになります。 これは、目に見える成長。 喜ばしいことです。 目に見えることと、合わせて 目に見えないこと=心も成長するには どうしたらいいのでしょうか? それは 自分でやりたい 自分でできた もっとやりたい 自分はできるんだ 自分のやり方を考える 難しくてもチャレンジをする そんな流れではないかな。 小学校からは勉強という よーく目に見える、ことで 子ども達は大きくなっていきます。 心の成長も、 一年一年大きくなりますように。 お母さん、お父さん 保育園、幼稚園の先生 近所のおばちゃん、親戚のおじちゃん 田舎のおじいちゃん、おばあちゃん あたたかく、厳しく できないを、やってみる!応援を。 そして 学校での困ったこと 友達との困ったことは 親子の困ったことは 心が成長する、チャンス! 親も先生も 子どもの(自分の)心理を 学んで、知っていきましょう。

Published on 2015-04-24 10:59:11 GMT

☆悔しい気持ち 今日も磁石を使った魚釣りが大人気。年長男子3人が遊び始めました。 あとから年長のSくんもやって来て、魚釣りをやりたそうに見ています。 割り箸でつくった釣竿は5本。でもWがひとりで3本使っていたのでSくんが使える釣竿はありません。 Sくん、自分もやりたくて仕方ない様子。 でもWくんに釣竿を貸して欲しいという意思表示ができなくて、いつまでたっても釣竿を貸してもらえず魚釣りができずにいました。 周りにいた私たちも『Sくんに1本貸してあげれば?』と何気に言ってみましたが、Wは大物(ハサミ)を釣り上げたいらしく、貸すことはできないとキッパリ。 Sくんは悔しがって涙が止まらなくて、でも『貸して』と言うこともできず、自分でもどうしていいかわからない様子。 大人が間に入って丸く納めることや、もう1本釣竿を作ってあげることもてきたのですが、今回Sくんにはもっともっと相手に感情をぶつけて欲しいし、意思表示して欲しいという願いがあったので、敢えて何もせず見守ることにしました。 子供たちの中ではこのような理不尽な事は日常茶飯事です。 大人は学問や知識を教えてあげることはできるのですが、不慮の事態にどう対応すればいいのか?は実践で学んでいかなければ、成長しても『自分で判断する』ことはできないように思います。 『貸して~』とは最後まで言えませんでしたが、Sくんは大人にどうにかして欲しいと頼むこともありませんでした。 最後にSくんに『悔しかったね~』と声をかけると黙ってうなづきました。 本当に悔しい出来事だったとは思いますが、Sくんにとっては大きな一歩になったのではないでしょうか? byぐっち〜園日記より

Published on 2015-04-21 13:54:57 GMT

☆自分で泣き止むことの大切さ 今日は木曜日。 月曜日は大泣きしていた、新入のT君も 毎日の積み重ねで、 朝は泣いてしまうけど すぐに立ち直って遊べるようになりました! 泣けてよかったね、泣いてもいいんだよ、 マイナスの感情を発散することは 子どもにとっては自然なことです。 そして、泣いて泣いて、いつの間にか泣き止む。 泣いても状況は変わらないんだと、諦めたり 泣いていたけれど楽しいことに目がいって遊びはじめた、とか この感情を、自分なりに発散して自分なりに収めていく これが大事だと思っています。 泣いていたら抱っこもします、 これで遊ぼうかと 誘ったり外に出たり、細かい配慮もします。 けれども、私たちの目指すところは 『子どもが自分の力で立ち直る』 ということです。 やりすぎてしまうと、子どもはいつもお母さんや先生がいいようにしてくれる、と思ってしまいかねません。 そして子どもは全くの無配慮なので、いわれたー、やられたーと 大きなストレスになってしまうことも。 なんでも思い通りにいかないこと、自分でなんとかすること、 自分でできる、と自信を持つこと。 2歳は2歳の、3歳は3歳の自分なりに、があるのです。 初めての集団生活。 楽しいことも、そうでないことも 上手くいくこともいかないことも全部大事な体験になります。 ひとりひとりの涙を拭きながら、それが笑顔に変わる日を焦らずに見守っています。 byしお チューリップ園日記より

Published on 2015-04-16 11:28:19 GMT

☆いれて、いいよ、と教えることの落とし穴 チューリップルームでは いれて、いいよ、は教えていません。 この声がけの始まりは 誰かが使っているおもちゃを いきなりとってしまう、 幼い子は 人のものも自分のもの 自分のものは自分だけのもの(笑) ですので、 ◯ちゃん、つかってるから、 かして、って言おうね。 だと思うのです。 それと同じように、仲間で遊んでいるとこに いれて、って言わなきゃだめだよー いれてって言ってるんだから いれてあげなきゃだめだよー という、大人の発想… 形からはいる その奥にある心は うまくいくように 失敗しないように 悲しい思いをしないように と、、、 子どもには失敗をする権利があります。 間違える体験 だめだぞ、言われる経験 だめだよ!と言う経験 上手くいったり、いかなかったり この子には良いのに あの子ではダメだった 昨日はよかったのに 今日はだめだった その体験から自分で考える 自分で感じる、を知るのです。 いれて ごめんね に、心がついていなかったら (心からならもちろんいいんですよ) ただ、言えばいいんだ!! と、いうことを 学んでしまうかもしれません。 言葉を教えるのではなく 何もないようにと、守るのではなく 幼い心で感じることを大切に。 チューリップルームでは 泣けてよかった、とか 喧嘩していい、とか あなたはどうしたいの? と、なっています。 〜しお園長のブログより

Published on 2015-04-12 00:15:57 GMT

☆何もないほうがいい 公園に行く前に言いました。 2歳児さんもいたので 「宮前平公園の下だけで遊ぼうね」 と約束。 下とはグランドだけで何もありません。 上には、滑り台、ブランコ、砂場がなど 公園の定番、固定遊具があります。 その日は曇り空と寒さのせいか 公園にはだれもいませんでした。 貸切だ!!! では、では、と思い 「誰もいないから上だけでもいいよー」 と、喜ぶと思っていいました。 が、年長さん達 「えーーーっ、下がいい!!!!」 えっ?そうなの? 何もないほうがいいんだ!!! やったね、チューリップルーム(笑) 何かで遊ぶよりも 自分で遊びを作り上げるほうがいいなんて やった!やった! 年長さん、大きく育ちました。

Published on 2015-03-26 16:48:01 GMT

☆こうしたらいいよ どうしたらいいのかな、と 相談を受けた時 その人がフラットな時 こうしたらいいよ、は そうなんだやってみようかなと思えるかも その人がイケイケの時 こうしたらいいよ、は いいこと聞いた、とすぐにやってみる!になるかも その人がダメダメの時 こうしたらいいよ、は それはあなただからできる 私はあなたのようにはできない それができたら苦労しない (ママはいいよね、って娘に何度か言われた) になるかもしれない 思うのは こうしたらいいよ、を こうしないとだめ、モードで 伝えてはいけないってこと。 今、相手がどんな状態なのかを 知ること そして自分の心の状態も フラットなのかイケイケなのか ダメダメなのかを 知ること 共鳴しあうのには こんなことも必要なのだろう と思います。 何かをいってほしいのでも 何かを聞いてほしいのでもなく 人は共鳴し合いたいだけかもしれませんね。

Published on 2015-03-25 05:37:32 GMT

★子育て会*オープンルーム 3月 23 日(月)11:00 – 15:00 お部屋をオープンにします。 どなたでもお気軽にお越しください。 おもちゃなどで遊べます。 何かをするイベントではありません。 子育て相談など、ありましたら子どもを遊ばせながらどうぞ! お申し込み不要、出入り自由です。 ★子育て会*STEP勉強会 3月 23日(月) 13:00 – 14:30 アドラー心理学~ありのままの自分を(子どもを)認めよう! のカリキュラム、STEPの勉強会をします。 受講されたかたは、テキスト持参。初めての方もお気軽にどうぞ。 子育てのエッセンス、詰まっていますよ! ☆事前にメールでお申込みください ☆託児有、有料会員500円、一般1000円

Published on 2015-03-22 22:28:13 GMT

☆みんなで運動会 曇り空の下、宮前平公園での運動会でした。 御父兄の皆さんに来ていただき、 いつも通りの子ども達の様子と、 大人も一緒に頑張り楽しむチューリップらしい運動会。 定番のかけっこやマラソン、 運動会だけでやる大玉や玉入れ、つなひき、 子ども達も楽しそうでした。 運動会で取り組む、なわとび!個人の飛びと、大縄、 練習の成果がでていました。 年長さん達には口癖のようになったいた、 『走れば走るだけ早くなる』 『 体も心も強くなる』 そのやる気が嬉しかったです。 2歳から6歳までいるチューリップ、 一年の成長がみれるのが運動会。 我が子の楽しそうな姿や頑張りを 記憶しておいてくださいね。 「運動会は結果ではなく過程が大事 できるできない、 早い遅いは関係ない」 と数年前にHPに書いた 記事を見て入園をしてくれた、年長のお母さん。 最後の運動会に、本当によかったと いっていただきました。 沢山の大人競技、自由参加の大人のソーラン節、 お母さん、お父さんにご参加、ご協力していただき、 運動会か成り立ちました。 心から感謝をいたします。 ありがとうございました。 そして明日はゆっくり休んでくださいね! byしお

Published on 2015-10-10 08:26:07 GMT

❖チューリップ子育て会の10月のお知らせ❖ チューリップルームに通う親子さんだけでなく、 地域社会で子育て中の親子さんにも 子育てのヒントになれば、と 親子でお楽しみの時間を作っています。 絵本の読み聞かせ会、オープンルーム、お茶会 お気軽においでください。 ======================== ★絵本サークルさくらんぼ、よみきかせ会 絵本の読み聞かせの会です。 親子でお話の世界にひたりましょう。 わらべうた遊びもします。 ◇16日(金) 小さい子 2時半~2時45分 わらべうた遊び 2時45分~3時 大きい子 3時~3時半 *申し込み不要 ======================= ★オープンルーム 親子でチューリップに遊びに来ませんか? 一緒にしお弁(給食)も食べませんか? 2歳から6歳までの、小集団で生活している子ども達。 ひとりひとりが、のびのびとしています。 よかったら遊びに来てくださいね~! ◇20日(火)10時~14時 (早帰りもどうぞ) お申込みはメールかお電話で ======================== ★お茶会 子どもを遊べながら、お母さん座って井戸端会議。笑 相談、愚痴大会、学びのシェア・・・などなど 3時のおやつも、大人用、子ども用で、 それぞれでいただきましょう。 ◇23日(金)2時から4時半 *申し込み不要

Published on 2015-10-06 10:28:48 GMT

☆リレーで負け続ける 毎日のようにやっている リレーですが、 いつも紅組が負けてしまい、 いつも最後に悔しがる年長Y君。 彼は走るのが一番早いのですが、 バトンをもらう時に 大きく差がついているので、 どんなに頑張っても追いつけません。 それを毎回見ていて、 終わると悔しくてくさって バトンを投げつけていました。 物に当たるのはよくない、 と伝えてきました。 そんな流れもあって 今日は勝てるといいなぁと、 小さい子も参加してだったので 何となく調整をしました。 なのに、、、やはり一回目でも Y君チーム負けて、 バトンを投げました。 言い聞かせるように叱りました。 次もまた調整をして臨みましたが、 やはり負けてしまいました。 Y君はゴールの後、 私と目もあったので バトンは投げすに こらえたのですが、 バトンを折ろうとしました。 私がすぐに取り上げて、 これは大事な物! と言いました。 そして、 どうしてそんなことをしてしまうのか、悲しい と、泣き真似をするつもりが、 私、本当に泣いてしましました。 Y君もそれを見て泣きます。 「Y〜がまんしようよ、悔しいのわかるよ、かんばろう」 と抱き合って、そう言っていました。 周りのいた子も驚いたと思います。 涙を拭いて、ご飯にしよう!と切り替えると 隣で年長Mちゃんが オイオイ泣いています。 私達の様子を見て 心でいろんな事を感じたんでしょうね。Mちゃんはご飯の時まで涙顔。 Y君と私はなんだか、 泣いてすっきりしました。 自分でも涙が出たことに驚いたし、 これでよかったのかどうかは わかりません。 でも真っ直ぐにぶつかったことは、たしか。 Y君自身がいつも真っ直ぐだから、 気持ちが引き出されたのかな。 また、明日もリレーやりますよ! byしおー園日記より

Published on 2015-09-30 10:30:48 GMT

☆オープンルーム参加お母さんから感想 しお先生、Y母です。 今日は本当にありがとうございました! 想像以上に素敵な園で、 何よりYがとても楽しそうで、大満足でした。 子供さん達の自主性と メリハリにびっくり。 そして先生方が子供たちを尊重し、 「子供」というより一人の人間として 接している姿に感動しました。 子供にとって何が大切か 良く分からなくなってきていたので、 気づかせていただいたことが たくさんありました。 どんな形でも (希望はもちろん通わせることですが、、)、 これからもチューリップルームに 携わらせていただけたらと思いました! 楽しい時間を過ごさせていただいて ありがとうございました! しお弁も美味しかったです!