ナースアテンダント

at 横浜市中区相生町1-18, Yokohama, 231-0012 Japan

自費による看護サービスです。


ナースアテンダント
横浜市中区相生町1-18
Yokohama , Kanagawa 231-0012
Japan
Contact Phone
P: 0120-344-544
Website

Description

24時間訪問看護や休日の訪問看護、外出時の付添看護など介護保険や医療保険で対応できない看護サービスは、ナースアテンダントにお問合せください。

Opening time

  • Mondays: 09:00- 17:00
  • Tuesdays: 09:00- 17:00
  • Wednesdays: 09:00- 17:00
  • Thursdays: 09:00- 17:00
  • Fridays: 09:00- 17:00

Specialities

Price category
$$$$ (50+)

Company Rating

28 FB users likes ナースアテンダント, set it to 4 position in Likes Rating for Yokohama in Health/medical/pharmacy category

入院中の一時帰宅の際のナースアテンダントご依頼が増えている。 高齢者世帯であったり、ご家族だけでの看護には不安があるなど理由は様々。医療保険や介護保険が使えない、一時的な利用のため、近隣の訪問看護ステーションからも断られ、入院中の病院の相談室に相談されている。最後にもう一度自宅に帰りたい、或いは、自宅に連れて帰りたいという希望を叶えるには、社会保障制度以外のサービスも必要だろう。

Published on 2015-01-11 13:59:09 GMT

現在、ご依頼が多くなっているのが結婚式の付き添いです。 病院→結婚式場→披露宴終了までのご依頼となっております。 大切なご家族の晴れの舞台!ぜひ目に焼き付けたいと思う気持ちをナースアテンダントが叶えます。 無理かな?と諦めていた式と披露宴の出席も看護師が付き添うことで安心して参列できますよね!

Published on 2013-11-15 00:48:36 GMT

【小児医療助成制度の運用方法にガッガリ】 横浜市でも小児医療助成制度があり、生まれてから小学校1年生までの医療費自己負担分は市から助成されるため、加入している保険と合わせ実質負担ゼロで医療を受けることができる。実際には区役所に申請すれば「医療証」が発行され、病院や歯科でこれを見せると自己負担など一切無く医療が受けられる。ところが不思議なことに、医療保険を使った訪問看護だけは、この医療証があっても自己負担分を一旦現金で支払い、この領収書を付けて住んでいる区に申請しないと助成金が支払われないことが分かった。病院や歯科、調剤が現金なしでかかれるのに加え、柔道整復なども「医療証」だけでかかれる。それなのに、訪問看護だけは「償還払い」という一時立替て区に請求するという厄介な方式を取っている。訪問看護が必要なほどの病気の子がいるご両親に対し、毎月、区役所に行って払い戻しの申請をする時間的余裕があるとの判断だろうか? 次世代育成支援法など子育て支援を企業に薦めながら、病児を抱えた家庭に対する思いやりに欠けた行政にガッカリ。 

Published on 2013-08-06 13:47:45 GMT

高齢者だけの世帯や高齢者独居世帯が増え続けており、体調を崩したときには、外部の助けが必要になる。しかし、介護保険や医療保険の訪問看護には制約があり、ご宅での看護、最大でも1日1時間半までしか使えないなど。本当に看護が必要なときに柔軟に対応できるものではない。全国には5千か所以上の訪問看護ステーションがある、しかし、これらステーションのほとんどは、保険適応の看護だけを実施しており、保険からはみ出たサービスは断っている。これでは、施設から在宅へという政策は掛け声だけで進まない。これまで頑張って社会を支えてきてくれた方々が最後にご自宅で過ごすわずかな時間作り、墓参りや家族の結婚式への参列など、依頼があれば断ること無く看護サポートを続ける。そのうちに社会保障制度も変わってくるかな?

Published on 2013-08-06 01:13:26 GMT

【ナースアテンダント対応事例】 ≪墓参り看護≫ 施設入居中のお母様を法事と墓参りに連れて行きたいとのご希望。 施設から介護タクシーで都内会食場所に移動、ご親戚に方々と会食、 会食中は時々別室で休憩、その後、車いすで墓参りを済ませ、開お護タクシーで施設までお送り。

Published on 2013-08-06 01:13:22 GMT

【ナースアテンダント対応事例】 ≪長距離移動看護≫ ご家族の引っ越しにともない、慢性期で入院中の患者様も横浜から札幌に移動することに。ストレッチャーのまま介護タクシーで羽田空港、千歳空港、札幌の病院に移動。介護タクシー、飛行機での移動中の吸引や点滴、排せつなどをサポート。

Published on 2013-08-06 01:12:55 GMT

【ナースアテンダント対応事例】 ≪1週間24時間在宅看護≫ 末期がんの患者さん、ご家族の強い希望もあり1週間だけでも自宅で過ごさせたいとの事で、入院先病院から24時間看護の問い合わせがありました。ご家族に「もし、ご自宅で様態が急変しても在宅看護では延命措置ができない」事を説明、同意を得て24時間看護を開始。 ・帰宅当日は環境変化のためか、熱が下がらず呼吸も浅く、1週間の在宅に看護に不安も・・・翌日から徐々に安定に向かう。 在宅5日目には、大好物のワインを凍らせ口に含むまで回復。 1週間のご自宅生活を無事過ごし病院も戻られました。 ご家族は「どんなに手間や費用がかかっても最後に自宅で家族と過ごす時間を創れなかったら一生後悔することになる、実現できて良かった」との事。

Published on 2013-08-06 01:12:36 GMT

【ナースアテンダントへの問い合わせ事例】 人工呼吸器とIVH装着の患者さん。ご自宅で看取りたいとご家族からの希望があり24時間訪問看護ができないかとの事。 8:00~14:00、14:00~20:00、20:00~8:00の看護師3人体制を提案。このようなケースでは、医療保険を使っても1日90分程度、連続14日間が限度であり、ご家族の要望に応えるためには保険適応外として多額の費用が必要となってしまう・・・

Published on 2013-03-01 13:35:53 GMT

1月15日、日経朝刊一面に「生保の現物給付解禁」の記事。 生命保険会社が保険金の代わりに介護サービスなどの現物を提供する保険を販売できるように規制緩和するとの事。医療保険や介護保険など公的保険適応外のサービスを補う保険を新たに販売。 有料老人ホームの入居権や人間ドックなどに使われるようだ。 今後拡大する高齢者サービス市場の活性化につながるとのコメント。 しかし、実際は生保の巨大資本が医療や介護市場に流れ込むことで、これまでの弱小資本のサービス事業者は淘汰される可能性が危惧される。 「高齢者市場の活性化」と言いつつ、株や不動産投資などの不調が続き、かつ、成長が見込めない生保、本当は保険資産の運用先として高齢者市場に狙いを定め、金融庁に働きかけているようにも見える。

Published on 2013-01-15 13:33:33 GMT

介護保険や医療保険が使えない、看護サービス需要も徐々に顕在化しているようだ。毎日昼食前後にインスリンの注射に来てもらえるか?吸引と胃瘻の母に1晩付き添ってもらえるか?などチョットした医療行為が含まれる問い合わせが頻繁にある。しかし、実際に依頼されるのはその内の2割程度。やはり、保険を利用した1~3割負担の魅力には及ばない。

Published on 2012-12-26 00:06:43 GMT

訪問看護ステーションを開設して2か月余り経過。企業が開設したステーションでは既存患者がいないので利用者を確保することが最大の課題となる。医療機関やケアマネへのアプローチだけでは利用者が集まらない。「グループホーム」と連携した医療連携加算や特定施設指定外の「ケア付き高齢者住宅」との提携など、新参者として損益分岐点までの道のりは厳しい。しかし、周りを見渡し、じっくり考えるとたくさんの道が見えてくる。