選抜高等学校野球大会

at , Izumiotsu-shi, 663-8152 Japan


選抜高等学校野球大会

Izumiotsu-shi , Osaka 663-8152
Japan
Contact Phone
P: ---
Website

Description

選抜高等学校野球大会(せんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、毎年3月下旬から4月にかけて兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる日本の高校野球の大会である。略称はセンバツ。通称は「春の大会」「春の高校野球」「春の甲子園」とも。英文名称はNational High School Baseball Invitational Tournament。主催は毎日新聞社、公益財団法人日本高等学校野球連盟(高野連)。大会旗および優勝旗の色は紫紺。5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施されている。歴代優勝校は、選抜高等学校野球大会歴代優勝校に記述。出場校夏大会は地方大会の優勝校が機械的に出場しているが、春大会については選考委員会によって出場校が決められる。高野連は出場校の選考基準を(1)大会開催年度高校野球大会参加者資格規定に適合したもの。(2)日本学生野球憲章の精神に違反しないもの。(3)校風、品位、技能とも高校野球にふさわしいもので、各都道府県高校野球連盟から推薦された候補校の中から地域的な面も加味して選出する。(4)技能についてはその年度全国高等学校野球選手権大会終了後より11月30日までの試合成績ならびに実力などを勘案するが、勝敗のみにこだわらずその試合内容などを参考とする。(5)本大会はあくまで予選をもたないことを特色する。従って秋の地区大会は一つの参考資料であって本大会の予選ではない。 としている。また、出場校が最大32校、記念大会でも36校であるため、出場校が1校もない府県が毎回生じる。逆に、好成績の府県からは2校以上選出される可能性もある(過去には最大4校選出されたことがある)。現在では、以下の枠が与えられている。一般選考1947年、小倉中学(現小倉高校)(福岡)が春大会で準優勝、夏大会で九州勢で初優勝して九州地区の中学校の野球熱が高まったとき、朝日新聞西部本社運動部の芥田武夫部長は全国に先駆け、「全国中等学校野球連盟九州支部」を組織し、秋に第1回九州大会を鹿児島の鴨池球場で開催、大成功を収める。他の地域も九州大会を範にして翌秋から地区大会を行うようになり、以後、新チームで臨む最初の公式大会(実質的な新人トーナメント戦)となる秋季各都道府県大会・地区大会(全国10地区)の成績が春大会出場校・並びに補欠校を決める際の重要な選考資料となっている。基本的には秋季大会の成績に、地域性を考慮して決定。ここで出場28校と補欠(代表校の出場辞退に備えるもので、各地区につき1~2チーム程度)を選出する。

Company Rating

252 Facebook users were in 選抜高等学校野球大会. It's a 100 position in Popularity Rating for companies in Local Business category in Nishinomiya, Hyogo

343 FB users likes 選抜高等学校野球大会, set it to 11 position in Likes Rating for Nishinomiya, Hyogo in Local Business category