九州第一保険サービス株式会社

at 城南町22-24 石橋ビル1階, Kurume-shi, 830-0022 Japan

保険代理店 発電・売電事業


九州第一保険サービス株式会社
城南町22-24 石橋ビル1階
Kurume-shi , Fukuoka 830-0022
Japan
Contact Phone
P: 0942-36-4881
Website
http://www.h5.dion.ne.jp/~kyusyu01/

Description

生命保険・損害保険代理店 久留米・鳥栖に事務所を置く 九州一円、関西、関東圏に顧客を持つ大型代理店

Opening time

  • Mondays: 09:00- 18:00
  • Tuesdays: 09:00- 18:00
  • Wednesdays: 09:00- 18:00
  • Thursdays: 09:00- 18:00
  • Fridays: 09:00- 18:00

Company Rating

6 Facebook users were in 九州第一保険サービス株式会社. It's a 1 position in Popularity Rating for companies in Bank/financial services category in Kurume-shi, Japan

49 FB users likes 九州第一保険サービス株式会社, set it to 2 position in Likes Rating for Kurume-shi, Japan in Bank/financial services category

新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。 昨年、弊社は。労働者派遣業ならびにフィリピン共和国との国際取引を開始し、国際化への第一歩を踏み出すことが出来ました。これも皆様方のご協力の賜と感謝申し上げます。 今後弊社はお客様への更なるサービス向上と安心・安全をスタッフ一同、全力でお守りする所存ですので今後ともご愛顧のほどお願い申し上げます。 平成27年1月5日      専務取締役 実 本  喬

Published on 2015-01-05 00:56:13 GMT

弊社は、国連の要請に応じ国連機関への寄付を行ってまいりましたが、潘基文氏の日本批判と産経新聞記事への韓国政府に対する国連の対応について納得がいきませんので当面の間、国連機関への寄付、義援を行いません。 今後は、国境なき医師団へエボラ対策として寄付、義援活動を行います。

Published on 2014-11-26 08:45:09 GMT

長野県北部を震源とする地震により被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。 <被害のご連絡先> 最寄りの店舗におきまして、お客様からの被害に関するご連絡・お問い合わせ・ご相談を承っております。 ▼サービス拠点のご案内  北関東支店 〒379-0225 群馬県安中市八城437-5 TEL.027-393-6035 FAX.027-393-6036

Published on 2014-11-25 07:40:48 GMT

このたびの台風18号により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。 お客さまからの被害のご連絡・お問い合わせは、以下の受付窓口で承っております。 電話0942-81-5388 FAX0942-81-5387

Published on 2014-10-06 05:32:48 GMT

8月15日からの大雨により被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。 「被害のご相談・連絡先」 北関東営業所 電話  :  027-393-6035 FAX  :  027-393-6036

Published on 2014-08-18 06:59:22 GMT

気象庁は9日午前2時52分、台風8号が沖縄県から離れたため、沖縄本島地方に出ていた大雨、暴風、波浪の特別警報を解除しました。沖縄県は30人が負傷するなど、大きな被害が出ました。 台風8号は10日に九州に上陸または接近し、西・東日本に進む恐れ。気象庁は「九州、四国、紀伊半島の南東斜面は大雨に厳重な警戒が必要だ」と呼びかけ。11日は近畿、東海、関東に接近も。低地への浸水、河川の増水、土砂災害の危険。十分な警戒と対策をお取り下さい。

Published on 2014-07-09 06:18:56 GMT

弊社取扱いの火災保険・自動車保険の車両保険の新規引き受けは本日17時を以てお引き受け出来ませんのでお知らせいたします。 なおご継続契約につきましては通常通りの手続きとなりますのでご安心ください。

Published on 2014-07-07 07:32:00 GMT

2月14日からの大雪により被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。 <被害のご連絡先> 下記の弊社、北関東営業所におきまして、お客様からの被害に関するご連絡・お問い合わせ・ご相談を承っております。 〒379-0225 群馬県安中市八城437-5 TEL.027-393-6035 FAX.027-393-6036

Published on 2014-02-17 04:31:04 GMT

新年明けましておめでとうございます。年頭にあたりご挨拶申し上げます。 最近の日本経済は、政府の経済・金融政策を背景に、企業業績や個人消費に力強い改善の動きが見受けられます。 世界経済では、低迷する欧州市場や中国経済など先行きはいまだ不透明な状況ですが、全体として日本企業にとって明るい兆しが現れてきました。 弊社は今年、国内拠点の拡大と新しく外国人における労働者派遣事業や太陽光発電事業などを積極展開し、社会貢献を重ねていくことを目標としております。    社員一同を引き締めて、基本に忠実であることはもちろんの事、より高い目標にチャレンジしていきたいと思います。今後とも、皆様の絶大なご支援とご指導をよろしくお願い申し上げます。 この一年が皆様にとりましてより良い年となりますことを祈念し、新年の挨拶とさせていただきます。 2014年1月6日  九州第一保険サービス株式会社    専務取締役 実 本   喬

Published on 2014-01-06 00:26:37 GMT

本年も九州第一保険サービスをお引き立ていただきまして誠に有り難うございました。 来年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 弊社は本日より1月4日まで冬期休暇とさせていただきます。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。 なお緊急のご用件などはこの限りではございませんのでご遠慮なく下記番号へおかけください。案内終了後、弊社スタッフがご対応いたしますのでご安心ください。 来たるべき2015年が皆様のとってより良い年でありますようスタッフ一同お祈り申し上げます。          緊急連絡先 : 0942-81-5388 2013年12月27日              九州第一保険サービス株式会社             代表取締役社長  松 本 義 孝

Published on 2014-12-26 01:57:30 GMT

漂う生命保険金 受取人他界・認知症…請求なく未払い 朝日新聞デジタル 8月4日(月)5時37分配信  生命保険に入っていた高齢者が亡くなったことを保険会社が把握せず、遺族らが保険金を受け取っていない事例が多いことが、生命保険大手の調べでわかった。保険金の受取人がすでに亡くなっていたり、認知症などを患ったりして、請求できないことが増えているためだ。  明治安田生命保険が昨年以降、90歳以上の契約者約1万1千人のほぼ全員を調べたところ、2割弱にあたる約2千人はすでに亡くなっていたが、保険金を払っていなかった。大半は、保険料の払い込みが終わり、亡くなるまで契約内容が適用される終身保険だ。総額はわかっていないが、専門家らによると、高齢者の保険金の平均は300万円程度とみられ、2千人分だと計約60億円になる。  第一生命保険も、2年前に91歳以上の契約者に電話調査し、連絡がついた約7割のうち数%の契約者の保険金を払っていなかったことがわかったという。明治安田と第一は、保険金の支払い漏れがわかった時点で受取人がだれか調べ、すでに大半の支払いを終えたとしている。最大手の日本生命保険と住友生命保険の2社も年内の調査を検討しており、支払い漏れはさらに増えそうだ。  明治安田の調査で支払い漏れがわかった福岡市の80代の男性は、2007年に亡くなっていた。保険金の受取人だった妻は、さらにその7年前に他界していた。夫婦には子どもがなく、保険金は、法律で相続が認められている親族ら(法定相続人)が受け取る。担当者は戸籍を調べて親類を割り出し、保険金のことを伝えたが、「振り込め詐欺と間違えられ、なかなか信じてもらえなかった」という。  保険会社は、受取人らから請求がなければ保険金を払う義務は生じないが、契約者が亡くなったことがわかれば受取人らに知らせて払うようにしている。  契約者が保険料を払っている間は、支払いが滞るなどして亡くなったことがわかるが、保険料の支払いが終わった高齢者の場合は、転居などで連絡が途絶えていることもある。請求がなければ、保険会社が契約者の死亡を把握するのは難しく、支払い漏れが起きる可能性が高くなる。(杉浦幹治)      ◇  〈終身保険〉 生命保険の一般的な契約の一つ。保障期間に制限がないため、いくつになっても死亡時に保険金が出る。保険会社に保険料を月々払い、60~65歳ごろに払い終わる契約が多い。保険金の受取人は加入時に決める。配偶者(妻や夫)や子どもを受取人にする人が大半とみられる。 . 朝日新聞社

Published on 2014-08-04 02:31:49 GMT

沖縄に「特別警報」も=台風8号、7月過去最強級―気象庁「早めに安全確保を」 時事通信 7月7日(月)9時4分配信  気象庁の海老原智予報課長は7日午前、記者会見し、大型で非常に強い台風8号が8日朝から昼すぎに猛烈な勢力に発達して沖縄地方に最接近する見通しのため、7日夜にも「特別警報」を発令する可能性があると発表しました。  特別警報は昨年8月から警報の上に導入され、大雨で出された例があるが、台風で発令されれば初めて。大雨、暴風、高潮、波浪が対象となります。  海老原課長は「7月に日本に接近し、影響を与える台風としては過去最強クラス。特別警報が出た場合は、市町村の避難情報に従って早めに身の安全を確保してほしい」と呼び掛けました。沖縄地方の中では、宮古島や多良間島などの宮古島地方に発令される可能性が高く、沖縄本島や久米島などの沖縄本島地方も可能性があります。  8号は8日午前9時には宮古島の南東約80キロに進み、中心気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は、75メートルと予想される。沖縄地方の場合、最接近時の中心気圧が910ヘクトパスカル以下または最大風速60メートル以上と予想される場合、特別警報が出されます。  8号は9~10日には九州に接近するとみられる。九州では6日から活発な前線活動により大雨が降っている地域があるため、さらに大雨の特別警報が出される可能性も否定できない模様です。 

Published on 2014-07-07 07:28:20 GMT

 2週連続で記録的な大雪に見舞われた東日本などでは、自動車や家財への被害が広がり、損害保険各社には週明け17日に契約者からの問い合わせが相次いだ。凍結した路面でのスリップ事故や、積雪による住宅や家財の被害報告が多い。  問い合わせが多いのは、埼玉、群馬、栃木、山梨など各県や東京都西部。「雪による被害が補償対象かという問い合わせが多い」(損保関係者)という。  風や雪による住宅への被害は火災保険の補償対象に含まれている。雪の重みで車庫や母屋の屋根、物置が破損した場合も修理費用などに保険金が支払われる。  また、車の運転中にスリップして車両が傷ついた場合は自動車保険が適用される。自宅に駐車していた車が積雪で崩れた車庫の屋根の下敷きになって傷ついた場合も車両保険でカバーされる。雪道を歩行中のけがは傷害保険の補償対象だ。 

!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->