HAPIA

at 西区南別府, Kobe-shi, 651-2116 Japan

http://hapia.biz/ Mayumingサービスを提供します。


HAPIA
西区南別府
Kobe-shi , Hyogo 651-2116
Japan
Contact Phone
P: 078-975-1781
Website

Description

中小企業のシステムにかかわるひとに 自らのキャリアに対して決意と覚悟を持つために 人としての価値を再確認し、 さらに高めるための支援を キャリアカウンセラーのシステムエンジニアとしての経験と技術によって提供します。

Company Rating

168 FB users likes HAPIA, set it to 4 position in Likes Rating for Kobe-shi, Hyogo, Japan in Consulting/business services category

HAPIA 冨田です。 Facebookの利用について みなさんにも再度ご確認いただきたくての投稿です。 Facebookが多くのユーザーに浸透した理由の一つとして >利用者に実名および実在の情報を提供していただいています。(規約より) だと、私は思っています。 お名前、写真が本人であるからこそ、お会いしたことが無くてもお友達になれるのではないでしょうか。 また、利用規約を確認していますか? ・基本はひとり1アカウントです。複数アカウントの所持は利用規約違反です。 >個人用アカウントを複数作成することは認められません。(規約より) また、複数アカウントにお友達となっている場合、お友達の方がとまどうことにもなりかねません。 ・商用として使用する場合は、Facebookページを使用します。 >個人用タイムラインを営利目的で利用することを禁止します。このような目的にはFacebookページを利用するものとします。(規約より) アカウントやパスワードを忘れてしまって、別のアカウントを作成される方がいらっしゃいます。 また、スマホを変更したからという理由で別アカウントを作成される方もいらっしゃるようです。 そのようなことが無いよう アカウントとパスワードの管理をしてください。 とても便利なFacebookです。 利用規約を確認して、楽しく、安心してみなさんに利用していただきたいと思います。

Published on 2015-03-29 09:09:50 GMT

就労支援でのPCセミナーでは コミュニケーションが苦手な方も受講されます。 しばらく外には出ていなくて、 まずは、決まった時間に、一定の時間作業をすることに慣れるために受講する方もいらっしゃいます。 また、今までPCを使用していたけれど、自分の レベルの確認のために受講される方もいらっしゃいます。 受講される方々の目的は様々。 だから まず最初に、 「なんでこの講座を受けようと思ったのか」 「講座終了後にどのようになっていたいか」 といった、ご自身の目的・目標を確認し、紙に書いてもらいます。 しっかりアウトプットしないとあやふやになってしまうから。 そして、 私は、 「この受講生さんは、講座修了までには笑顔であいさつできるようにする」 「経験のあるこの受講生さんは、毎回、必ずふたつの新しい発見を持って帰ってもらう」 といったひとりひとりに対しての目的・目標をアウトプットして進めます。 キャリアカウンセラーであることを、最大限に活かした講座をすることを大切にしています。

Published on 2015-03-14 00:39:05 GMT

今日は仕事のペースを少し落として。。。 HAPIA 冨田です。 形となったシステムをユーザー様にお渡しして「ほっ」! このあとの作業は、仕様書作成です。 本来ならば、仕様書を作成してからのプログラム作成との流れなのですが 中小企業様向けの業務システムの新規構築は システムが形になりながら仕様が決まっていくことがほとんど。 よって、ほぼ仕様が固まったところという時は、システム作成が終了した時なのです。 仕様書(詳細設計書)作成は、システム作成作業と同じくらいの時間がかかります。 仕様書は、ユーザー様が直接見るものではありませんが 私が個人で仕事をしていることから、 ユーザー様のリスクを減らすため、 また、私自身のリスクを減らすために、 不可欠なものです。 さて、作りましょう~。

Published on 2015-03-09 06:41:53 GMT

ユーザーさんとシステムを一緒に作っていく。 そう感じる時間を持てると嬉しいです。 ユーザーさんが笑顔で仕事ができるよう より使いやすく より可愛がっていただけるシステムにしようと モチベーションがあがります。 業務システムを作ることは家を建てるのと同じです。 その家に住む人が 自分が住みやすいようにと真剣に関わっていただいて 始めて、住みやすい家になります。 家に住む人、家を建てる人 システムを使う人、システムを作る人 お互いの気持ちを混ぜ込むコミュニケーションの大切さを あらためて感じます。

Published on 2015-03-01 00:38:19 GMT

PCセミナーで伝えたい想い その2 ★向かっているのはパソコンではなく パソコンの先にいる人なのよぉ★ パソコンに向かっているけど パソコンと向かい合っているのではないの。 Wordならこの文書を見る人、 Excelならこのデータを活用する人、 PowerPointならこの資料を見る人、 そう、パソコンの先にいる人に向けているのよ。 そして、 お仕事においては 自分で作ったファイルは、自分のものではないの。 だから、ほかの人にとって使いやすいファイルである必要もあるのよ。 さらに、私は Wordは「気が利くけどちょっとおせっかいな関西のおばちゃん」 Excelは「効率よく手際よく仕事をこなす、美人秘書」 PowerPointは「筋肉質の元気な営業マン」 そんなイメージを持っているので パソコンそのものも人だと思っているのよねぇ。。。 こんな話をしながらのPCセミナーです。

Published on 2014-12-20 10:54:14 GMT

PCセミナーで伝えたい想い その1 ★PCセミナーだって 受講生はコミュニケーション力が必要★ PCセミナーだからって WordやExcelのセミナーだからって インストラクターから受講生への一方通行ではありませんよぉ。 受講者の想いを自己開示してくれたなら インストラクターから発信する情報はどんどん膨らみます。 受講者通しのコミュニケーションがとれて セミナーの雰囲気が良ければ さらに、インストラクターから発信する情報は膨らみます。 受講者ひとりひとりの表情はとても大切なの。

Published on 2014-12-15 10:40:27 GMT

パソコンセミナーで 顔の表情を開くワークを。。 パソコンセミナーだって インストラクターから受講生への一方通行ではないのよぉ。 受講生とのキャッチボールで インストラクターから発するメッセージは変わります。 インストラクターをのせるのは受講生。 セミナーはライブ。 重ーい雰囲気を変えるためだったら パソコンセミナーであっても コミュニケーションワークだってしちゃいますよぉ!