Shichidō Station

at 堺区鉄砲町1-22, Sakai-shi

七道駅(しちどうえき)は、大阪府堺市堺区鉄砲町にある、南海電気鉄道南海本線の駅。駅番号はNK10。駅構造島式1面2線のホームを持つ高架駅である。ホームは3階、改札口は1階にある。1番線側大和川寄りの道路を越えたあたりに、地上線時代の線路跡が若干残されている。利用状況2012年度の一日平均乗降人員は7,392人で、南海の駅(100駅)では39位、南海本線(今宮戎駅・萩ノ茶屋駅を除く41駅)では21位である。近年の一日利用状況推移は下記の通り。歴史 1917年(大正6年)4月21日 - 南海鉄道の住ノ江駅 - 堺駅間に新設。 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。 1983年(昭和58年)7月3日 - 上り線のみ高架化。 1985年(昭和60年)5月7日 - 高架化完成。駅周辺駅の西側にはロータリーがあり、その中心には河口慧海の銅像が立てられている。駅北方には工場が多い。駅東側は鉄砲試射場のあった七道浜で、堺市街の北西端となる。当駅高架下を2本の道路が横断しているが、改札のある南側の道路を東へ行くとすぐ、内川に架かっていた江川橋跡になり、そこから東が堺市街となる。さらに東へ行くと非公開だが鉄砲鍛冶屋敷が現存している。北側の道路は土居川と呼ばれる環濠の北部分を埋め立てた道路で、西から千日橋、北之橋(大道筋)、稲荷橋が架かっていた。千日橋は千日井と呼ばれる井戸に由来し、行基建立の高渚寺(たかすでら)の井戸と伝わる。高渚寺は現存しないが、諸説ある七道の地名由来のひとつに高渚寺の七堂伽藍説がある。堺市街の北東端に近い稲荷橋跡には、鬼門封じとして鉄砲鍛冶の芝辻理右衛門によって勧請された高須神社(たかすじんじゃ)という稲荷社が現在も鎮座する。


Shichidō Station
堺区鉄砲町1-22
Sakai-shi , Osaka
Japan
Contact Phone
P: ---
Website
-

Company Rating

540 Facebook users were in Shichidō Station. It's a 9 position in Popularity Rating for companies in Transit stop category in Sakai, Osaka

30 FB users likes Shichidō Station, set it to 9 position in Likes Rating for Sakai, Osaka companies in Transit stop category

!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->