Umekoji Steam Locomotive Museum

at 下京区観喜寺町, Kyoto-shi, 600-8835


Umekoji Steam Locomotive Museum
下京区観喜寺町
Kyoto-shi , Kyoto 600-8835
Japan
Contact Phone
P: ---
Website

Description

梅小路蒸気機関車館(うめこうじじょうききかんしゃかん、英語:Umekoji Steam Locomotive Museum)は、京都府京都市下京区観喜寺町にあった蒸気機関車専門の鉄道博物館。西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有し、公益財団法人交通文化振興財団が運営していた。当館は2015年8月30日閉館し、拡張を伴うリニューアルにより2016年4月29日に京都鉄道博物館として新たにオープンした。本項目では京都鉄道博物館については該当記事に譲り、「梅小路蒸気機関車館」時代について記載する。また、JR西日本の車両基地としての梅小路運転区についても記述する。概要1968年(昭和43年)3月26日の日本国有鉄道(国鉄)常務会で、1世紀にわたり日本の鉄道輸送を支え続けた蒸気機関車が1960年代後半以降は急速に姿を消していくことに対し、貴重な産業文化財と位置づけをした上で動態保存を目的とした日本初の施設を設置することが正式決定された。上述決定を受けて1972年(昭和47年)10月10日に国鉄により日本の鉄道開業100周年を記念して京都市下京区にある梅小路機関区の扇形庫を活用して開設された。 当初は東京に近いということで栃木県小山駅構内にあった小山機関区が保存機関区の最有力候補であったが、「日本の中央部に立地」「周辺に集客力の大きい名所旧跡がある」「大型蒸機の保守実績がある」「蒸機運転可能な路線が近くにある」という観点から、1970年(昭和45年)に梅小路機関区(当時)が保存機関区に正式に選定された。 保存対象車両は原則としてその当時現存していた最若番車(できれば1号機)を選定するものとして当初12形式が選定されたが、その後、小山機関区より車両収容力が大きいため再検討が重ねられた結果16形式17両に拡大された。 保存選定の過程でC62 2はスワローエンジェル人気で選定されたほか、当初案では選定されていたC59 1(小倉工場→九州鉄道記念館保存)・D52 1(広島工場保存)のようにSL動態保存の基本構想のため当時現役の車両に変更されたケースもある。 1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化によりJR西日本に承継された。また本施設自体が(閉館・京都鉄道博物館への改組後も)現役の車両基地(梅小路運転区)であり、蒸気機関車のほか嵯峨野観光鉄道で使用するDE10形ディーゼル機関車が所属し、検査・修繕も行なわれている。

Company Rating

5829 Facebook users were in Umekoji Steam Locomotive Museum. It's a 78 position in Popularity Rating for companies in Local business category in Kyoto, Japan

511 FB users likes Umekoji Steam Locomotive Museum, set it to 66 position in Likes Rating for Kyoto, Japan in Local business category

!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->